ゆうたのルーズリーフ

〜大学生の視点から、日々の生活、カンボジアの生活で感じたことを〜

大学生の視点から、日々の生活、カンボジアと日本で感じたことを綴る

取捨選択の第一歩

こんにちは、ゆうたです。

 

このブログを始めて、1ヶ月が経ちました。

最初は続くかなと心配していましたが、毎日更新しています。

このままの調子でやって行きたいと思います。

 

さて、今回は 尊敬する先輩の1人

マサさん

のツイートを見て「なるほど」と思ったことを紹介したいと思います。

 

f:id:waki23yuta:20181030140950j:plain

 

 

 

 

 

先輩マサさんのツイート 

 

つい先日、マサさん @masa_masayuki のこんなツイートを見ました。

(以下引用)

 

世の中の99%の情報は自分にとってどうでもよいことだけど、

 

最近更にそのうちの99%はどうでもよいとなってきた。

 

雑音だ。

 

それくらいばっさり切らないと自分のやりたいことに自分の脳を100%割けない。

 

 

 この 文章を見てどう思うでしょうか。

自分は

なるほど、確かにそうだな

と感じました。

 

やりたいことが明確なら、ここまでしないと、

とことん追求できないと感じました。

 

そしてここまでではないですが、

自分も知らないうちに実践していることに気づきました。

 

帰国後の自分

 

まだ自分のやりたいことがわかっていませんが、とりあえず学生の間はカンボジアに関わり、CBBに関わりたいと思っています。

 

そんな中、SNSにおいて変化が起きていました。

 

Twitter

 

マサさんやケンゴさんに会う前、たくさんの人をフォローしていました。

 

しかし、情報量が多過ぎて欲しい情報が埋まったり、

見落としていることが多々ありました。

 

そこでケンゴさんがフォローを100人以下にするということをやっていました。

 

自分も興味半分でやって見ました。

 

 

基準は

 

関わりたい人

これからも関わるであろう人

 

この2点にしました。

 

すると500以上いたフォローは

現在78になりました。

 

そして見たい世界がみれるようになり、

必要のない情報が一切入らなくなりました。

 

 

 

Instagram

 

フォローを減らして、見たい世界が広がった感動を覚え

Instagramのフォローも減らしました。

 

現在のフォローは133。

 

見たい写真などもあるため、公式アカウントもフォローしています。

 

 

これもTwitterと同様、見たいものだけが見れて

いらないものは入ってこなくなりました。

 

 

 

 

 

この必要のない情報こそ

マサさんのいう『雑音

なのではないか、そう感じます。

 

 

今、本当に必要な情報は何か。

今、自分に欲しい情報は何か。

 

これによって何を取り入れるかは多少変わってくると思います。

 

 

もちろんSNSだけではありません。

 

 

自分にとって必要、重要だと感じる時間を大切にしたい。

 

そう思って10月は

自分にとって価値がある。

そう思える人だけに時間とお金を使いました。

 

 

すると、余計な時間とお金の浪費は明らかに減りました。

 

 

やりたいことに時間を割けるようになったのです。

 

必要かそうでないか

取捨選択が大きなカギとなっています。

 

 

今後の展望

 

 

そうはいうものの、まだ大学生の自分は

社会についてほとんど知りません。

 

だからこそ、自分の興味のある分野だけに特化することは

少し危険な面もあると思います。

 

その中で、

将来役に立つか、のちの将来の選択肢を増やす要因になるか

と思う分野にも積極的に足を踏み入れて見たいと思います。

 

きっとそうすることによって、見える世界がもっと広くなり、

やりたいことが明確化するのではないかと考えます。

 

結論からすると、

 

自分にとって

価値のあることかそうでないかを取捨選択をし、

その基準をもとに

知らない世界にも足を踏み入れる。

 

 

ということをこれから行っていきたいと思います。