ゆうたのルーズリーフ

〜大学生の視点から、日々の生活、カンボジアの生活で感じたことを〜

大学生の視点から、日々の生活、カンボジアと日本で感じたことを綴る

嬉しいニュースfrom CMU

こんにちは、ゆうたです。

 

 

今日はとても寒いですね。

 

暑いのが好きな自分はカンボジアがとても恋しいです。

 

 

さて今回は最近あった嬉しいニュースを紹介します。

f:id:waki23yuta:20181028230622j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本への留学

 

メコン大学の学生たちの留学が進んでいるようです。

 

現時点での聞いた話によると

2名の学生が計画を立てているようです。

 

2人ともCBBの奨学金生で、

カンボジア渡航の時になんでも助けてくれる2人です。

 

メコン大学の学生は基本的に

将来日本に留学をしたい

という目標を持っています。

 

簡単に2人を紹介したいと思います。

 

 

1人目:3年生 ニッチ

 

1人目は3年生のスレイニッチです。

f:id:waki23yuta:20181028230103j:plain

 

現在メコン大学に通っています。

 

ニッチは自分がカンボジアインターンをしている時

N3を取り、真っ先に報告してくれたことを覚えています。

 

また、ニッチとの出会いは今年の2月。

 

カンボジアについて全くと言っていいほどわからなかった

自分にいろいろなことを教えてくれ、助けてくれました。

 

また、今夏のインターンシップでも

学生寮の手続き、空港ピックアップ、市内の移動

など全てにおいて助けてくれました。

 

とても日本語も上手で、通訳としても色々手伝ってくれます。

 

 

そんなニッチの日本への留学が決まることを

願っています。

 

もし、日本に来たらたくさんのところに遊びに連れて行きたいと思います。

 

 

2人目:4年生 ソッチア

 

2人目は4年生のソッチアです。

 

f:id:waki23yuta:20181028230211j:plain

 

現在は、日系の企業でインターンシップを行っています。

 

ソッチアとの出会いも同じく今年の2月。

初めてカンボジアに行った時でした。

 

その時はずっと行動を自分たちとしていたわけではありませんが、

帰国後もずっと仲良くしています。

 

また、前回の渡航では

毎日夜ご飯を一緒に食べに行ってくれ、

農村ホームステイも実家でさせてくれました。

 

英語も堪能で、普段メッセージは

日本語と英語を使っています。

 

また、個人的な話になりますが

自分の彼女でもあります。

( この話はまたどこかで笑)

 

もし日本に来てくれたら、

カンボジアでやってくれたように色々なことを案内したいです。

 

 

志望理由書

 

また、志望理由書をめぐっても嬉しいことがありました。 

 

それは2人とも共通して、 添削を私に頼んでくれることです。

 

f:id:waki23yuta:20181028230401j:plain

(写真はソッチアの志望理由書の下書き)

 

私はそこまで日本語が得意ではありません。

しかし、2人はいつも課題なども質問してくれます。

 

これの理由として1つわかることが、

メコン大学でインターンをしていたからかなと思います。

 

みんなから「先生」と呼ばれ

活動をした約2ヶ月。

 

教育関係の仕事につく予定もなく、

ただCBBに関わりたい、メコンの学生の力になりたい

と思ってインターンを決めましたが、

結果的に学生たちと深い絆が構築されました。

 

そして、教育という分野も面白いと感じました。

 

 

 

 

現在では2人だけ留学の具体的な計画を立てているということで、

もっとたくさんの学生が日本に留学できるように

たくさん力になりたいと思います。