ゆうたのルーズリーフ

〜大学生の視点から、日々の生活、カンボジアの生活で感じたことを〜

大学生の視点から、日々の生活、カンボジアと日本で感じたことを綴る

影響を受けやすい?

こんにちは、ゆうたです。

 

 

カンボジアは現在Pchum Benというお祭り期間です。

 

ですので、多くの友達のFBを見ると田舎に帰っています。

 

 

さて、今回は多くの人に言われる

 

「すぐ影響を受ける」

 

という自分の性格について分析を交えながら自論を紹介したいと思います。

 

 

 

 

自分は色々なものにすぐ影響を受けます。

 

・大学1年にはよさこい

・大学2年にはカンボジア

 

 

一度ハマると自分の満足するまでとことんやり続ける性格です。

 

カンボジアには1番大きく影響を受けています。

 

 

f:id:waki23yuta:20181009225321j:plain

 

 

最初の渡航

 

最初の渡航は約2週間でしたが、

多くの影響を受け、カンボジアそもそもが好きになりました。

 

たった2週間で多くを知ったわけではありませんが、たくさんの影響を受けました。

 

その1つがボランティアに興味を持った

ということ。

 

今まではボランテイアなどには興味はなく、

そういうことに関わったこともありませんでした。

 

しかし、カンボジアで教育支援を行なっているうちに、

ボランティアの魅力にはまり、

NGO CBBの学生部に入り、

 

気づいたら学生代表をしています。

 

 

 

 

 

2回目の渡航

 

2回目の渡航では国というより、人に影響を受けました

 

 

 

周りの学生

 

周りの学生からは語学を勉強する姿勢に対して影響を受けました。

 

クメール語、英語、そして日本語を使うことのできる学生たち。

 

自分も彼らと同じように語学に対して力を入れ、

もっとたくさんコミュニケーションをとりたい

 

その想いで現在は本来専攻であるドイツ語よりも

 

英語とクメール語に力を入れて勉強するようになりました。

 

言語を学ぶと、興味を持つのが文化。

 

カンボジの文化に関する本を大学で借り、

宗教や慣習などにも学習の幅を広げています。

 

 

 

マサさん

 

マサさんはいつでも自分に影響を与えてくれます。

 

今回の渡航では

・ブログを始めるきっかけ

・大学の休学

 

について影響を受けました。

 

ブログを始めるきっかけについては過去の記事を

 

 

大学の休学については、まだするとい予定はありませんが

1つの選択肢としてある

ということを学びました。

 

 

 

ケンゴさん

 

ケンゴさんは今回がはじめましてでしたが、

多くの将来の選択肢というものを学びました。

 

主にケンゴさんからは起業についてです。

 

 

今日大学の授業で起業したOGの方の講演会がありましたが、

カンボジアですでにケンゴさんから聞いていた話と被っていたので

 

こんな話聞いたなあ

 

という風に思い出しながら聞けました。

 

 

以上のことからケンゴさんからは

 

学生のうちに就活をして、

就職するだけが卒業後の進路ではない

 

ということを学びました。

 

 

 

 

f:id:waki23yuta:20181009225620j:plain

 

まとめ

 

このように見ると

 

本当に色々な人から影響を受けやすいなあ

 

と、自分でも思います笑

 

でもこれはとても重要なことだと思っています。

 

なぜなら、

 

色々な人から影響を受け、

実際にアクションを起こすことにより 

自分の視野が広がるからです!!

 

 

影響を受け、

実際に自分の目で見たり、

実際に自分の身をもって経験したり、

 

そいういことをしないと、

 

自分の知らない世界は見えてこない

 

 

そう私は信じています。

 

 

でも全てのことに影響されていたら自分というものは無くなります。

 

自分の中でこれ!!と決めている核を中心に

様々な人、ものから影響を受け、

視野を広げることにより、

その核の周りに多くのものが吸収される

 

これが私の持論です!!

 

 

この核という部分

 

これは私の場合

 

『現地で現地の生活をしながら海外で働く』

 

ということです。

 

 

それがドイツだろうが、カンボジアであろうが、全く別の国であろうが

 

この核を変えずに、

これからもたくさんカンボジアや多くの国に行き、

マサさんやケンゴさん、現地の友達たちに、

さらに影響され、

多くのアクションを起こし、

自分の視野を広げたい

 

そう思っています。