ゆうたのルーズリーフ

〜大学生の視点から、日々の生活、カンボジアの生活で感じたことを〜

大学生の視点から、日々の生活、カンボジアと日本で感じたことを綴る

決まった方向性

こんにちは、ゆうたです。

 

カンボジア渡航後、今後のキャリアについて

悩みに悩んでいました。

 

そこで、出た答えの方向性を少しだけ紹介したいと思います。

 

まだ確定ではありませんが、現実的に考えた結果です。

f:id:waki23yuta:20181027140857j:plain

 

 

 

 

 

来季は

 

まずは休学はしないという方向性です。

 

休学をしたらたくさんのことに挑戦できると思います。

挑戦をした分だけ、たくさんの失敗も経験できます。

 

しかし、休学をして海外に行くための費用がありません。

 

したいと思っていた留学

 

海外の語学学校に留学したいと思っていましたが、

いくら授業料の安い学校を選んでも

航空券代、生活費はかかってしまうからです。

 

その面から厳しいと判断しました。

 

そして、長期のインターンシップ

 

これもきっと行うことによって

多くの経験ができて、自分の今後について

考えるきっかけになることは確かです。

 

しかし、その参加費や滞在費というものは

やはり長期になってくると厳しいという見解です。

 

 

つまり経済的理由から休学して

インターンと留学をする選択肢はなくなりました。

 

 

何をするのか

 

じゃあ一体何をするのか。

 

年末年始

 

ひとまず年末年始にカンボジアに遊びに行くことは決まっています。

会いたいひと、友達、先輩がいるからです。

 

そこで今後のキャリアだったり展望を

信頼している先輩方にしていただきたいと思っています。

 

春休み

 

その後の計画として、

1月の後半から、4月の頭まで

プノンペン市内のCJCCにおいて

英語を使って、クメール語を勉強しに行こうと考えています。

 

英語を使うということで、留学と似た面を持っていると思うからです。

 

また、独学でやっているクメール語をさらにレベルアップさせ、

自分の1つの強みにしたいと思うからです。

 

まだCJCCの話は

メコン大学の友達が調べている段階なので

正確には決まっていません。

 

 

ただし、CBBの学生部スタツアなどもあるため

カンボジアに滞在して言語を学びたいと思っています。

 

 

3年からは

 

3年生になったら、今まで以上に英語とドイツ語という

「言語」というものに焦点を当てたいと思っています。

 

今、1番の目標にしてる

海外で働く

という目標。

 

これを実現させるために、まず英語は必要だと感じます。

 

英語ができた上での

ドイツ語、クメール語だと思います。

 

そしてもう1つ

日本の興味のある業種にて

インターンをしてみたいと思います。

 

興味のある業種は一体どういうものなのか

今はイメージしかありません。

 

しかし、実際に働いてみることで

自分に合う、合わない

はきっと見つかって来ます。

 

それを元に就職をどの分野で行うか

が今よりもっと明確になると思います。

 

 

最後に

 

今回、経済的理由から諦めた長期の海外渡航

 

長期はできなくても春や夏の期間を使って

できることは様々だと信じています。

 

そのためにも

今できることを日本でやって、

将来に活かせるようにしたいと感じた今日この頃です。