ゆうたのルーズリーフ

〜大学生の視点から、日々の生活、カンボジアの生活で感じたことを〜

大学生の視点から、日々の生活、カンボジアと日本で感じたことを綴る

【アーカイブvol.7】初めてボランティアをして感じたこと

こんにちは、ゆうたです。

 

最近、気づきました。

ブログを毎日やることよりも、もっとやらないといけないことがあると。

そのうち、そのことについてに記事を書き、

海外に行った時だけ更新するブログに変えたいと思います。

 

とりあえず今回はアーカイブから。

初めてボランテイアをした時の記事です。

 

 

 

-------------

 

 

今日は、衛生プロジェクトである『歯磨き教育』の報告をします。

歯は磨けているかな?

 

まずはじめに子供達の歯磨きの現状をチェックするために、日本ではお馴染みの歯垢タブレットを使ってもらいました。

子供達は歯垢タブレットを使うのはもちろん初めてで、少し戸惑っている様子でした。

 

そして、手順通り現地のスタッフに通訳してもらい、使ってもらいました。

前日のインタビューで、子供達は歯を磨いていると答えていましたが、、、

 

実際にやってみると期待通り歯がピンク色になりました。笑

また、子供達は手元にある鏡で自分の歯を見て、歯を磨けていないことを確認しました。

汚れを落とそう!

歯がピンク色になったところで、次に汚れを落とすため正しい歯の磨き方を教えました。

 

前歯を磨き、奥歯を磨き、歯の裏を磨き、舌を磨く。

 

一連の流れを子供達に配った紙をもとに実践してもらいました。

子供達は自分の歯を綺麗にするために一生懸命、鏡を片手に歯磨きをしていました。

子供達は虫歯になると大変だと理解してくれたようで、お互いに汚れが落ちたかも確認していました。

磨き方は覚えたかな?

正しい歯の磨き方を覚えたかチェックするために、フィードバックを行いました。

別の小学校の校長先生であるチャンターさんと協力し、

やり方を覚えた生徒に前に出てきてもらい、皆でチェックしました。

 

子供達は正しい歯の磨きを覚えてくれていました。子供達は少し照れながらも積極的に参加し、とても楽しんでいる様子でした。

チャンターさんの協力もあり、ゲーム感覚で歯の磨き方チェックができ、とても盛り上げることができました。

 

そして、子供達に、習慣化してもらうために学校側と協力し、

校舎にポスターを貼りました。

 

子供達もプロジェクト後にもポスターをみて、友達同士で教え合う姿は印象的でした。

まとめ

今回の衛生プロジェクトの目的は、

『身近な歯磨きから、幅広く衛生に興味を持とう!』でした。

 

子供達は歯垢タブレットを用いて、自分の歯、歯磨きをもう一度見直す良いチャンスとなったと感じました。

 

自分たちも子供達に教えたことにより、歯の大事さを改めて学び直せました。

子供達にはこの衛生プロジェクトを通して、歯だけではなく、身の回りの衛生にもっと興味を持って欲しいと思いました。

 

また、子供達が前の席を取り合っていたり、前に前に座ろうとする積極的な姿がとても印象深かったです。

純粋な子供達の力になっていきたいと思った瞬間でした。

 

 

 

------------

 

いかがでしたでしょうか??

 

人生初、ボランティアというものに触れた後の記事でした。

きっとこの小学校の純粋なキラキラした子どもたちに何かを感じ、

CBBに入ったんだと思います。

 

初心に戻るいい内容でした。

文章は箇条書きのようで、読みにくいですが。