ゆうたのルーズリーフ

〜大学生の視点から、日々の生活、カンボジアの生活で感じたことを〜

大学生の視点から、日々の生活、カンボジアと日本で感じたことを綴る

迷い、そして葛藤

こんにちは、ゆうたです。

 

インターンや留学についての情報を本格的に集めだして

やりたいことがたくさんあると同時に

様々な迷いや不安が見つかりました。

 

今回はそれをまとめて頭の中を整理したいと思います。

 

f:id:waki23yuta:20181026150050j:plain

 

 

 

半期の休学

 

今現在、3年の春学期のみ休学することを計画しています。

この3年の春学期のみという限定をしたのはいくつか理由があります。

 

TOKYO2020

 

1つ目は4年で休学をすることを避けたいというもの。

4年生の時には、東京でオリンピックがあり、

その時期に日本にいないということはもったいないと感じているからです。

 

両親からも生きている間にもう一回オリンピックがくる可能性は低い

という話をしていてそこは自分も納得しています。

 

 

浪人をせず今の大学へ

 

2つ目は1年休学することに抵抗を感じるからです。

大きな声ではいえませんが、今通っている大学は滑り止めでした。

もう1年勉強して、第一志望を目指すことも考えましたが、

学費や時間の関係で今の大学に進みました。

 

しかし、そこで1年休学をしたら第一志望を目指すことを諦め

今の大学に進んだ意味があるのかと考えてしまうからです。

 

もちろん休学をして何をするかによって価値は変わりますが、

現時点で1年へは踏み込めません。

 

 

メコンの学生たち

 

3つ目はそこまで大きな要因ではありませんが

メコン大学の友達たちが来年1年間日本に留学しようとしているからです。

自分が渡航中に何もかも助けてもらった学生たち。

彼女らは日本で会えることをとても楽しみにしています。

そんな親友たちと日本で会えないのは寂しいなと感じるからです。

 

 

 

これらの理由を見て

なんだ、そんなことか

と思う人もいるかもしれませんが現時点の自分はこの理由を持っています。

 

 

 

休学をして何をするのか

 

次に休学をして何をするのかということです。

現時点では2つを予定しています。

 

 

カンボジアインターン

 

なんだ、またカンボジア

と思う人もいるはずです。

 

でもカンボジアでやりたいと考えています。

 

今夏CBBとメコン大学でインターンをさせてもらいました。

自分の見たことのない世界を知ることができました。

 

そこで、さらに海外で働くということに興味を持ったことで

次はいわゆる「オフィスワーク」をして見たいからです。

 

将来海外で働きたいという目標がある中

NGO系、教育関係を経験したので

次はビジネス系を経験し

本当に自分にあっているのかを見極めたいと考えています。

 

そして、カンボジアという国が好きであるからこそ

カンボジアで働くということを経験したいと考えてます。

 

 

英語圏で留学

 

もう1つは英語圏で留学することです。

 

これは、カンボジアインターンをしていて

英語に対して危機感を持ったからです。

 

英語は読めて書けても

聞いたり話したりできない。

 

これを痛感しました。

 

カンボジアの学生は英語ができて当たり前

その次にも1つの言語

という感じです。

 

そんな中

 

英語も中途半端、ドイツ語も中途半端、クメール語もかじった程度

 

という状態で現地の友達と英語でのコミュニケーションが

取れずこのままではダメだと感じたからです。

 

 

クメール語をやって感じましたが、

実際にその土地に行って使わないと

言語は話せないということを身をもって経験したので

 

英語圏の留学を考えています。

 

 

 

結局今の段階

 

今の段階では

インターン先が見つかっていない

・留学先も決まっていない

 

という状況です。

 

1番の要因は経済的な面です。

 

就活に少しづつ影響してくるというタイミングなので

慎重な選択も求められています。

 

 

記事を書いて自分の考えがまとまったわけではありません。

 

とりあえず次の渡航時に

マサさんに相談してもらうことができそうです。

 

これからもたくさん悩んで

自分に合うと思う選択肢を見つけたいと思います。