ゆうたのルーズリーフ

〜大学生の視点から、日々の生活、カンボジアの生活で感じたことを〜

大学生の視点から、日々の生活、カンボジアと日本で感じたことを綴る

時間を有効に!! 〜満足度を求めて〜

こんにちは、ゆうたです。

 

 

今回はカンボジアから少し離れて、、

 

9月から始まった秋学期の学生生活から

感じていることを書いていきます。

 

 

 

 

 

半期での変化

 

 

春学期と秋学期で決定的に違うこと

それは秋学期になってから

 

1限の授業を取るようになった

 

ということです!

 

 

2018年春学期

 

つまり春学期には1限の授業は取らなかったということですね!!

(何人かの友達からは批判を受けました笑)

 

 

 

朝眠いし、通勤ラッシュの電車に乗りたくないなあ

 

そう思って春学期の履修を組みました。

ちなみに春学期の時間割はこちら

f:id:waki23yuta:20181005131038j:plain

 

 

背景の写真がたくさん見れますね!!!笑

水曜全休!!笑

 

 

 

確かに朝はゆっくり寝れるし、電車も座れるし、、

いいことばっかりと思ったのですが、、

 

時間を無駄にしてしまう!!ということに気づきました

 

 

朝寝る分、バイト、自分のやりたい勉強ができなくなってしまいました・・

 

大学生にとってバイトはとても重要のはずが、

全く働けずキツキツの生活となりました笑

 

 

2018年秋学期 

 

 

そして迎えた秋学期

 

カンボジアにたくさん行くためにバイトするぞ!!

クメール語勉強するぞ!!

 

この2つの意気込みによって1限をとりました!!

 

これが秋学期の時間割

f:id:waki23yuta:20181005131143j:plain

 

(春学期より授業が減り、カンボジアの美しい風景がもっと見えます!笑)

(そして月曜全休による、3連休!!笑)

 

 

圧倒的に午後の時間を使える生活になりました

 

 

確かに朝は眠いし、

高校2年生の弟と準備の時間が同じで毎日のように洗面所を取り合ったり、

通勤ラッシュに巻き込まれるし、、

 

色々面倒なことはありますが、、、

 

午後の時間を有効活用できるようになったことにより、

 

日々の生活を計画するということがさらに習慣化

 

されました

 

 

習慣化することによって時間を無駄に使うことが圧倒的に減りました!

 

時間を有効的に使い

クメール語を勉強し、カンボジアについての本を読み、

ブログを更新して、

CBBのブログもリライトして、、

 

やりやいことができるようになりました

 

またアルバイトもたくさんできるようになりました。

 

さらに、朝早く起きるということから

規則正しい生活を送れるようになりました

 

メリットばかりですね笑

 

 

結論

 

 

以上のことから学んだことは

 

時間を有効に使って、やりたいことを1つづつやっていくと

何気ない生活に、満足感が生まれる!!

 

ということです

 

 

これは実はカンボジアでもやっていました。

 

休日の日も朝早く起きてブログを書き上げて、

そのあとの時間に友達や先輩と遊ぶ

 

やることは少なかったとはいえ、

ブログを書くということは習慣化され、

1つ書くことに、小さな満足感を得ていました

 

小さくてもこの満足感は私の生活に花を添えてくれました

 

 

満足感は人それぞれの価値観なのですが

 

日々の繰り返しの生活に満足度を高められると

毎日が楽しくなります。

 

(この満足度という言葉は今夏カンボジアにてマサさんから笑)

 

 

この慣れてしまった日本での生活が楽しくなることは

とてもプラスになると感じています

 

 

来年から自分の大学は1限が8:50~からと

なかなか攻めてきます笑

 

でもそんな中でも1限をとって時間の有効活用をしていきたいと思います!

 

カンボジアの朝日が恋しいです!!

f:id:waki23yuta:20181005131950j:plain